診療科目

矯正歯科
(歯並び)

Medical courses

矯正歯科(歯並び)(矯正歯科)

歯科矯正治療について(その1)

[治療のプロセス]

歯科矯正治療について(その2)

矯正治療によって得られる効果は、1.口元のコンプレックスを取り除き、笑顔がきれいになる。 2.食べ物が良く噛めるようになる。 3.歯ブラシがしやすくなり、虫歯や歯周病を予防できる。 4.外国語などの発音が正しく出来るようになる。 5.成長期であればバランスのとれた顎に成長する。 などがあげられます。つまり歯並びは外見の美しさだけでなく、身体の健康にとっても、大きな効果 があるのです。
 歯科矯正治療には、基本的には年齢制限はありませんので、大人になっても矯正治療はできます。歯を支えている組織が健康であれば何歳からでも治療は可能です。しかし成長期であればその成長を利用した治療を施せるため、少しでも若い方が有利である事は事実です。
 近年、日本でも健康志向の向上や、国際化の影響により歯科矯正治療に対する認識が高まりつつありますが、一方では誤ったり、偏った情報により、間違って理解している方も多いように思えます。不正咬合の状態は誰一人として同じ人はいません。
 例えば、出っ歯(上の前歯の突出)を主訴として来院された患者さんでも、上顎が突出している、下顎が後退している、上顎の突出と下顎の後退の相互の影響の為、単に上の前歯が前方に傾斜している為、といった具合にいろいろな原因が考えられるのです。

矯正装置装着中の食事の際の注意

1. りんごやおせんべい、固い生野菜のまるかじりはしないで下さい。小さく切って食べるようにして下さい。

2. 歯につきやすいキャラメル、ガム、ハイチューなどは食べないで下さい。

3. カレーやケチャップ、コーヒーやお茶などで装置の一部(特にゴムの部分)が変色することがあります。ゴムは毎回交換します。

※当サイトに掲載されているデータの無断転載を禁止します。
※当サイトでは掲載情報に厳重なチェックを心がけていますが、万が一記載ミスが生じた場合、あらかじめご容赦下さい。
このページのトップへ