診療科目

矯正歯科
(歯並び)

Medical courses

矯正歯科(歯並び)(矯正歯科)

歯科矯正治療について(その1)

[治療のプロセス]

[矯正治療による変化]
出っ歯(上顎前突:上の前歯が極端に前へ突き出ている)
口腔内の変化

口元の変化
矯正治療により、横顔もきれいになっています。

矯正治療について正しく理解し、自分の歯を健康で美しい歯並びにしたいと思ったときがスタートです。当院矯正専門医にお気軽にご相談ください。なお、矯正についてのパンフレットもございますのでぜひご利用ください。

歯科矯正治療について(その2)

矯正治療によって得られる効果は、1.口元のコンプレックスを取り除き、笑顔がきれいになる。 2.食べ物が良く噛めるようになる。 3.歯ブラシがしやすくなり、虫歯や歯周病を予防できる。 4.外国語などの発音が正しく出来るようになる。 5.成長期であればバランスのとれた顎に成長する。 などがあげられます。つまり歯並びは外見の美しさだけでなく、身体の健康にとっても、大きな効果 があるのです。
 歯科矯正治療には、基本的には年齢制限はありませんので、大人になっても矯正治療はできます。歯を支えている組織が健康であれば何歳からでも治療は可能です。しかし成長期であればその成長を利用した治療を施せるため、少しでも若い方が有利である事は事実です。
 近年、日本でも健康志向の向上や、国際化の影響により歯科矯正治療に対する認識が高まりつつありますが、一方では誤ったり、偏った情報により、間違って理解している方も多いように思えます。不正咬合の状態は誰一人として同じ人はいません。
 例えば、出っ歯(上の前歯の突出)を主訴として来院された患者さんでも、上顎が突出している、下顎が後退している、上顎の突出と下顎の後退の相互の影響の為、単に上の前歯が前方に傾斜している為、といった具合にいろいろな原因が考えられるのです。
 正しい矯正治療を受診のためには、矯正認定医へのご相談をお勧めします。

矯正装置について

最近では歯の色に類似した半透明色のセラミックブラケット(審美ブラケット)を扱っています。従来のメタルブラケットと違い、口元が気になりません。
 また、舌側矯正治療では、歯の裏側に矯正装置を付けるため、審美的には最も優れていますが、全ての患者さんに適応するものではありませんので、詳しくは当院矯正専門医にご相談ください。

※顎の骨の歪みが強い場合や、上顎と下顎の位置が極端にずれている場合には、外科的矯正治療として、手術を伴う治療を行う事があります。歯の移動だけでは、不正の改善が難しい患者さんに適していると言えます。

●ヘッドギアの詳細

ヘッドギアは大人と子供の両方使う時がありますが、主に子供に対して使用されることが多いです。
この装置の大きな効果は、6番目『六歳頃生えてくる後ろの大きな歯』の大きな歯を後ろに動かすことです。

[治療法]
上顎の一番奥の大きな歯を後ろに動かす装置と、個々の歯に矯正装置をつけてワイヤーで治します。

[効用]
乳歯の虫歯、または乳歯から永久歯の交換がうまくいかなく、後ろの6番目の歯が動いてしまい、3、4、5番目の歯が生えてくるのが窮屈でうまくいかないと思われる場合、歯を後ろに動かしスペースを作り直すことにより、正常な歯の萌出を期待します。

[使用方法(使用時間)]
◯装着時
フェイスボーと言われている金属ハンガーのようなものを口の中の金属の輪に入れます。
左右のバー(棒)とインナーボウを顔のまわりにあるゴムバンドと装着するバーがアウターボウです。奥歯の装置の穴に挿入する際に、すべて口の中に入れてから片方から入れていきます。

片方が口の中に入っていないお顔がいたくなる場合がまれにあります。
あとは耳の近くまで伸びているフックにゴムベルトを装着します。
(ハンガーを片手でしっかり抜けないよう抑えることを忘れずにします。)

◯ヘッドギア(取り外し)
上顎の奥の大きな歯に金属の輪っかを左右に装着し、夕ご飯の後目標10時間以上外さずに装着して朝起きるまでします。
この装置の効果として、上顎の奥の大きな歯を後ろに動かすことにより、スペースを作ります。

◯その後
・マルチブラケット装置(固定式)
個々の歯につけてワイヤーで歯を動かします。上顎の奥の大きな歯を後ろに動かす力はありませんが、糸切り歯が生えるスペースを作り出すことができます。
その後、並べた歯が骨が硬くなるまでは(約2年〜3年)

・リテーナー(保定装置)
歯を完全にマルチブラケット装置で並び終えた後、装置を外し、動かした歯が骨が硬くなるまでリテーナー(保定装置)を3年位装着します。

[治療期間]
ヘッドギア(または状況によってワイヤーの装置を利用して)で1年ぐらいで、そのあと永久歯がすべてそろってから1年〜1年半となります。

矯正装置装着中の食事の際の注意

1. りんごやおせんべい、固い生野菜のまるかじりはしないで下さい。小さく切って食べるようにして下さい。

2. 歯につきやすいキャラメル、ガム、ハイチューなどは食べないで下さい。

3. カレーやケチャップ、コーヒーやお茶などで装置の一部(特にゴムの部分)が変色することがあります。ゴムは毎回交換します。

※当サイトに掲載されているデータの無断転載を禁止します。
※当サイトでは掲載情報に厳重なチェックを心がけていますが、万が一記載ミスが生じた場合、あらかじめご容赦下さい。
このページのトップへ