診療科目

予防歯科
(歯のクリーニング)
(歯科一般)

Medical courses

予防歯科(歯のクリーニング)(歯科一般)

予防歯科について

「虫歯になって歯が痛み出してから治療に行く」のでは遅く、「痛くなる前に歯科に行く」という考えが普及してきています。これは、予防歯科を始める第一歩です。

(1)PMTC…専門家(歯科医師・歯科衛生士)によって、ステイン(歯の着色)、バイオフィルム(細菌の塊)、歯垢を電動器具とフッ化物含有ペーストを用いて除去することにより、見た目だけでなく、口腔内を清潔に健康的に保つことができます。
(2) フッ化物塗布…フッ化物を歯に塗ることで歯質を強くし、虫歯になりにくい歯を作ります。
(3)ブラッシング指導…歯ブラシだけでは磨けない部位は、歯間ブラシやデンタルフロスなどの器具を使いましょう。一人ひとりの口腔内に適したブラッシングの方法を、専門家(歯科医師・歯科衛生士)が指導します。

予防歯科は虫歯予防・歯周病予防につながります。治療後にも、健康な歯を保つために予防歯科が効果的です。

予防歯科(その2) PMTCについて

PMTCとは、
「P」…Professional=専門家
「M」…Mechanical=機械的な
「T」…Tooth=歯
「C」…Cleaning=清掃
すなわち、歯科医師、歯科衛生士などの専門家による機械的歯面清掃を意味します。ステイン(歯の着色)・バイオフィルム(細菌の塊り)・歯垢を機械的な電動器具とフッ化物含有ペーストを用いて除去することにより、口腔内を清潔に健康的に保つことが出来ます。 
例えば、台所の生ゴミ入れのヌルヌルした汚れは、水を流しただけでは取れません。タワシでごしごしこすったり、専用の洗剤を使わないときれいになりません。口腔内のバイオフィルムも同じことが言えます。

参考文献:参考文献『今日からはじめるPMTC』

歯科衛生士によるブラッシング指導・歯石除去・PMTC・歯のクリーニング、ヤニ取りを行っております。ご希望の方は、担当医または受付にお申し出ください。ご予約をお取りします(保険適用内でも可能)。
※他の日時をご希望の方は受付にご相談下さい。

時間
午前 9時半〜1時






午後 2時半〜5時





夜間 6時〜9時




 ※○の時間帯でご予約できます

 

◯PMTC施行例
60代女性の患者様。
平成18年2月から現在も毎月1回PMTCに通院されています。
最初の頃は動揺している歯もありましたが、今では、揺れが治まり歯周病の進行も止まりました。
PMTCを続けていくうちに、患者様の歯に関する関心も高くなられ、ご自身でも歯間ブラシとデンタルフロスを習慣づけていただけた結果です。
美容院に行くような感覚で、歯をきれいにして、美味しいものを食べられることは、幸せなことですね。

歯のクリーニングについて

歯にはお茶やコーヒーのしぶ、食べ物の汚れによる色素がついてきます。喫煙される方はヤニが付着します。色素やヤニは見た目に悪いだけでなく、歯垢や歯石をつきやすくし虫歯や歯周病、口臭の原因にもなります。
 歯石とは、歯垢に唾液中のカルシウム成分が結合して出来た細菌のかたまりです。石のように硬く歯ブラシで取ることができません。このような歯に付着した汚れを機械的に取り除くのが歯のクリーニングです。クリーニングでは最初に歯石を取ります。歯の表面についた歯石は超音波を使った機械で除去しますが、機械で取れない場合は、ハンドスケーラーと呼ばれる手用器具で丁寧に取り除きます。次に、ジェットポリッシャーという機械で歯に付着している色素やヤニを除去します。これは水と空気とパウダーを歯の表面 に吹き付け、汚れをきれいに吹き飛ばします。必要に応じてつやだし研磨剤で磨きます。これで歯のクリーニングが完了します。
 後は毎日の歯磨きで出来るだけこの状態を維持することが大事です。お口の中を清潔にすることで虫歯や歯周病を予防できます。そして、半年に一度は歯のクリーニングをして定期検診を受けることをお勧めします。そうすることで健康な人はますます健康を維持し、病気になってしまった人は早期に対応することが出来ます。病気を自覚してから治療をするのではなく、定期的に専門家によるチェックを受け、予防を行うことが歯の健康を守る良い方法です。

歯の磨き方について(その1)

時間がない、面倒くさい、眠いなどを理由に歯磨きを怠っていませんか?歯の表面につくヌメヌメ、ザラザラは、食べカスではありません。細菌の塊です。その細菌は歯垢(プラーク)と呼ばれています。歯垢は 1.臭い(口臭)、 2.歯を溶かす(虫歯)、3.歯茎を腫らす(歯肉炎)、4.歯を支えている周りの骨まで溶かす(歯周病)などの病気となって表れます。中でも歯周病は自覚症状がない上、一度なると治療に時間がかかり、良い状態になってもそれを維持するのに大変な努力が必要です。
 つまり、口の中の健康は歯垢の除去で決まります。歯垢は歯と歯茎の間、歯にある溝に溜まります。その場所に注意して歯磨きをする事が大事です。
 歯と歯茎の間は通常1〜2mmあります。その間に歯ブラシの毛先が少しだけ入り込む様にあてます(上の歯は毛先を少し上向きに、下の歯は下向きに)。そして毛先で歯垢をこすり取るように歯ブラシを横に動かします。
 歯と歯の間は、その幅に合った歯間ブラシで磨きます。狭い所には細いものを、広い所には太いものを使います。無理をせず、軽い力でゆっくりと歯と歯の間に通 し、貫通したら動かします。
 しかし、すべての人が同じ磨き方をしていれば病気にならないとは限りません。自分の口の中にあった歯磨きをすることが重要です。少しでも不安を感じている方、自分は大丈夫と思っている方も磨き癖があったりします。ぜひ、歯科医院で一度確認しておく事をお勧めいたします。

歯の磨き方について(その2)

デンタルフロス、歯間ブラシは口腔内清掃や歯周病予防には必需品です。
 デンタルフロスはコンタクト(歯と歯の接点)を通過する部分は前後に、隣接面の清掃は上下に動かし、プラーク除去を行ないます。
 歯間ブラシの場合は歯間に挿入し、ブラシを細かく前後に動かします。頬側からだけでなく、舌側からも挿入してブラッシングしてください。

歯の磨き方について(その3)

写真の歯ブラシはタバコのヤニと口臭を気にするあまり、過剰な力で使用した結果(約2週間)の毛先の状態です。歯は摩耗し、歯肉は退縮、裂傷がついています。
ブラッシングは、適正な圧で指で歯ブラシの毛先をコントロールする感覚が大切です。

歯ブラシについて〜誤った歯ブラシの使い方をしていませんか?〜

歯ブラシの毛先を歯面に直角に当てて、横や前後に力一杯ゴシゴシこすると歯が摩耗して、くさび状の欠損ができたり歯肉が退縮します。その結果、冷たいものがしみてくることがあります(知覚過敏)。私たちの口の中は十人十色なので、その人に合った歯ミガキの方法は一人ひとり違います。今の歯ミガキの方法で、虫歯や歯周病予防が出来ているか心配な方は、ぜひ歯科医師の指導を受けて、あなたに合った歯ミガキ方法を見つけてください。

介護が必要な高齢者の口腔ケアについて(その1)

うがいや歯、歯肉、舌を拭くなどの口腔ケアで歯を守る、口元を整えることは自立を促し、寝たきりになることを防ぎます。口腔内を不潔にしていると、口腔内の様々な細菌が唾液や食物、胃液と共に気管に入り、「誤嚥(ごえん)性肺炎」を起こします。つまり、口腔内の細菌が生命を脅かすことにもなるのです。口腔内を清潔に保つこと、食後は出来るだけ座位を保つことは誤嚥性肺炎の予防につながります。
 口腔ケアは、まず背筋を起こし、なるべくベッドから離れることから始めましょう。

参考文献:『いきいき生きる』/(株)ジーシー

キシリトールについて

最近、虫歯予防に効果があるとして、ガムやお菓子にもよく見かけるようになったキシリトール。キシリトールは、イチゴ、プラムの果物やレタス、カリフラワーなどの野菜にも微量に含まれている天然の糖で、砂糖と同じ甘さを持っています。
 市販されているのは白樺の木などから抽出されたキシリトールが使われており、口の中に入ると、ミュータンス菌などの酸が生成されません。また、ガムの場合は、噛むことにより唾液の分泌が盛んになるので、歯垢の中の酸が早く中和されます。
 しかし、キシリトールを食べていれば、決して虫歯にならない、歯磨きをしなくてもよい、ということではありません。「歯磨きは基本」と理解した上で、上手にキシリトールを使ってください。また、キシリトールの量を取りすぎると、お腹がゆるくなることがありますので注意してください。

介護が必要な高齢者の口腔ケアについて(その2)

60歳代に入ると歯肉の退縮により根面が露出してくるため、そこにう蝕(むし歯)が発生しやすくなってきます。「根面う蝕」は進行が早く、歯の折れる原因になる場合もあります。一人ひとりによって歯磨きの方法、重要部位が違うように、年齢によっても変わってきます。歯と歯肉、舌を清潔に保つための口腔ケアは、歯ブラシ、歯間ブラシ、歯間スポンジを正しく使いましょう。
 歯ブラシの柄の部分にスポンジを巻いて持ちやすく改造し、介護を受ける高齢者が自分で歯磨きを出来るようにする、などの方法も自立を促す一つになります。

参考文献:『いきいき生きる』/(株)ジーシー

※当サイトに掲載されているデータの無断転載を禁止します。
※当サイトでは掲載情報に厳重なチェックを心がけていますが、万が一記載ミスが生じた場合、あらかじめご容赦下さい。
このページのトップへ