診療科目

歯周病・口臭
(歯科一般)

Medical courses

歯周病・口臭(歯科一般)

歯周病について(その1)

歯周病は、う蝕(虫歯)とともに歯を失う大きな原因の一つであり、成人に多く見られ、その症状は、歯肉(歯ぐき)の腫れ、痛み、出血、歯がぐらつく、口臭が気になる、など様々です。
歯周病の主な原因となるものは歯垢(プラーク)ですが、この歯垢や歯石(歯垢がかたまったもの)の下で歯周病をおこす細菌が繁殖します。歯ぐきは歯周病菌の感染により炎症を起こし、次第に歯周ポケットとよばれる深い溝となり、細菌の出す毒素や、体の白血球などが細菌を攻撃する時に出す酵素で、歯を支えている骨などの大事な組織が破壊されていきます。
 歯周病は、初期の病状である「歯肉炎」と、さらに進行した状態の「歯周炎」とに分けられます。歯肉炎とは歯肉にだけ炎症があるもので、通常、きちんと口腔清浄(歯磨き)を行うことで治ります。しかし、歯周炎になりますと、歯を支えている骨まで壊され、歯ぐきの深いところまで、歯根(歯を支えている根の部分)が歯周病菌に感染しているため、感染源の歯石などを取り除き、根の表面をきれいにするなどの治療が必要になってきます。
 歯周病は中程度の段階まで自覚症状が少ないことも多く、歯がぐらつく、よく腫れるなどの末期症状になって、初めて自覚することも少なくありません。しかし、病状がどの段階かを調べ、適切な治療を受ければ、病気の進行をくい止めることができます。早期発見、早期治療が一番であることは、他の病気と全く同じです。定期的な検診をかねて歯科を受診することが大事です。

歯周病について(その2)〜歯周病が健康をおびやかす〜

最近、歯周病が早産や低体重児(産まれても体重が軽い子ども)の原因となったり、心臓病や動脈硬化、肺炎などの全身の病気と関係があることがわかってきました。これは歯周病の原因菌が血液を介して全身に運ばれるためとも考えられます。したがって、歯周病は単に口の中だけの病気ではなく、全身の健康と大きくかかわる病気でもあるのです。歯周病を予防し、早期発見・早期治療でなおすことが、全身の健康管理のためにもたいへん重要です。気になる方は、お気軽にご相談ください。

歯石について

歯石とは、歯垢が唾液中のカルシウムと結びついて歯にこびりついた細菌の固まりで、歯周病の原因となります。歯垢は歯磨きで除去できますが、歯石は定期的に専門家(歯科医師・歯科衛生士)によって除去しましょう。

歯石ポケットについて

歯周病の原因は歯垢の中の細菌です。改善方法→歯磨きで細菌を除去します。歯周ポケットとは、歯と歯肉の間の溝が病的に深くなったもので、歯周病が進行する程、溝は深くなります。

[健康な歯ぐき]

※歯の汚れを歯垢またはプラークと言います。長時間、歯に歯垢が存在していると、かたまって歯石になります。

[歯周病の歯ぐき]

歯周ポケット内のプラーク、歯石は、歯磨きだけでは取れません。 歯石除去や歯周外科治療が必要になってきます。

口臭について

口腔内に原因がある場合には、歯茎にたまった食べかすの細菌が繁殖して悪臭を出す場合、またむし歯や歯槽膿漏による歯肉からの排膿によるもの、口内炎や唾液減少の場合などで、原因をつきとめて治療することが必要です。にんにく、玉ねぎ、香辛料などを好んで食べる人、またアルコール類は腸から血液に吸収されたものが肺を通して呼気として出るので、臭いがなくなるまで時間がかかります。

口腔内の清掃(歯のブラッシング)、特に舌の清掃(舌苔の除去)をすることで、口臭を改善することが可能です。舌清掃は一日一度、朝に柔らかい歯ブラシ、あるいは舌清掃器具で過度にならないように行います。臓器、器官に病気があるなど、口腔外に原因がある場合は、原因をつきとめるためのかなりの検査が必要です。

※舌苔(ぜったい)…舌の上に溜まった汚れ

参考資料:『歯の健康』/神奈川新聞社、『歯界展望』/医歯薬出版株式会社

※当サイトに掲載されているデータの無断転載を禁止します。
※当サイトでは掲載情報に厳重なチェックを心がけていますが、万が一記載ミスが生じた場合、あらかじめご容赦下さい。
このページのトップへ