診療科目

虫歯(歯科一般)

Medical courses

虫歯(歯科一般)

むし歯(Caries)はC1,C2,C3,C4の4つの段階に分けられます。

C1(むし歯の第一度)とは?
歯の表面のエナメル質だけが溶かされている状態で、痛みはほとんどありません。必ずしもすぐ削る必要がない場合が多い時期です。

C2(むし歯第二度)とは?
エナメル質の下の象牙質にまで進んだ状態です。冷たい物、熱い物、甘い物などがしみるようになります。
【治療方法】
悪くなった所を取り除き、白い合成樹脂や金属を詰めます。歯髄(歯の神経)はまだ残すことのできる時期です。

C3(むし歯第三度)とは?
むし歯の穴が大きくなって歯の神経(歯髄)まで進んだ状態です。
【治療方法】
抜髄(歯の神経を取ること)をして根の中の掃除をし、薬で根の中をふさいでから金属を詰めたり、かぶせたりします。

C4(むし歯第四度)とは?
骨縁下(骨の中)までむし歯が進んだ状態で抜歯におよぶ場合があります。

オール・セラミック・クラウン

天然歯により近い色、つや、透明感など、審美的に優れ適合性が良いのがオール・セラミック・クラウンです。金属を全く使用しないため、金属アレルギーの方にも安心です。
※クラウン…治療した歯牙にかぶせる冠のこと

ハイブリットセラミックについて(その1)

奥歯の変色した詰め物や金属の色が気になることがありませんか?
歯の色は人によってそれぞれ微妙な違いがあります。「ハイブリッドセラミック」は色調を調整できます。セラミックを使用することにより、治療を受けた跡が目立ちませんので、健康的に見えます。また、天然歯と同じくらいの堅さであることが特徴です。
詳しくは、お問合せください。

ハイブリットセラミックについて(その2)

「ハイブリットセラミック」は、近年開発された非常に安定した歯科材料で、お口の中でも安心して使うことができます。セラミックは吸水性がないため、臭いも変色もなく美しさを保ちます。長年の使用にも擦り減りにくく変色しにくい材料です。また、金属を使用しないので、金属アレルギーの心配が少ない、身体にやさしい材料です。美しさと強度を兼ね備えた歯の修復が可能となりました。

ファイバーコアについて

 歯の神経の治療をした場合、強度的に弱くなる為、神経のあった部分に土台(コア)を入れ補強し、その上にかぶせものをします。従来の治療法ではこの土台(コア)に金属を使用することがほとんどでしたが、金属を使用した場合、歯の切削時に切削片が歯茎に入り込むことにより、歯茎が黒っぽく見える等の問題がありました。
 このような問題を解決するため登場したのが「ファイバーコア」というグラスファイバー製の土台です。特徴としては、
・象牙質(歯の内側の部分)と極めて近い硬さ・弾性があるため、歯への負担が大幅に軽減され歯が折れにくく、外れにくい。
・歯と似た色に作ることが出来る為、歯茎の色も自然で健康的なピンク色になる。また、金属を使用しないので、金属アレルギーの心配が少ない、身体にやさしい材料です。美しさと強度を兼ね備えた歯の修復が可能となりました。
・金属を使用しない為、金属アレルギーの心配がない。
こと等です。

※当サイトに掲載されているデータの無断転載を禁止します。
※当サイトでは掲載情報に厳重なチェックを心がけていますが、万が一記載ミスが生じた場合、あらかじめご容赦下さい。
このページのトップへ