診療科目

保険診療と
自由診療の
違いについて

Comparison

「保険診療」と「自由診療」の違いについて

歯科診療には、治療内容、治療法、使用する材料等によって、健康保険が適用される「保険診療」と適用されない「自由診療」とがあります。
「保険治療」の場合、患者様のご負担は0〜3割となりますが、「自由診療」の場合には、全額負担となります。

「保険治療」の適用について

「保険診療」は、国で定められた治療法かつ材料である場合にのみ、適用されます。
基本的な考え方としては疾病保険であり、予防処置には保険が適用されません。また、高度な技術を必要とする治療あるいは高額な材料を使用する場合には、保険適用外となります。さらに、同じ治療法でも、使用する材料によって、保険が適用されるか否かが決まります。


使用する材料や口腔の状態で決定される治療について

歯冠修復処理(詰め物、被せ物など)と、欠損補綴処理(入れ歯、ブリッジなど)は、使用する材料によって「保険治療」か「自由診療」かに分かれます。


  保険診療 自由診療
詰め物・
被せ物
  • レジンジャケットクラウン
  • 硬質レジンジャケットクラウン
  • CAD/CAMクラウン
  • 硬質レジン前装金属クラウン
  • 金属クラウン(銀歯)
  • オールセラミッククラウン
  • メタルボンドクラウン
  • ハイブリッドクラウン
  • ジルコニアクラウン
  • ゴールドクラウン
入れ歯
  • レジン床総義歯
  • レジン床部分義歯
    (メタルクラスプを用いた場合)
  • 金属床義歯
  • シリコーン応用レジン床義歯
  • アタッチメント義歯
  • コーヌス・テレスコープ義歯
  • ノンメタルクラスプ義歯
  • インプラント義歯
ブリッジ
  • 硬質レジン前装金属ブリッジ
    (ただし前歯部に限る)
  • 金属ブリッジ
  • メタルボンドブリッジ
  • ハイブリッドブリッジ
  • ジルコニアブリッジ
  • ゴールドブリッジ

クラウン(被せ物)の治療例

「保険診療」の場合
(硬質レジン前装金属クラウン)

保険が適用されますが、天然の歯に比べると透明感が無いため、審美性は高くありません。
また、材料が吸水するために汚れやすく、使用年数が長くなるにつれて変色が生じます。
さらに、強度が高くないため、割れやカケが発生する場合があります。

「自由診療」 の場合
(メタルボンドクラウン)

歯冠色の再現性に優れ、自然な歯に見えます。
また、材料が吸水しないため、変色が生じません。さらに、強度が十分であり、耐久性に優れます。
欠点は、内部に金属構造があるため、場合によっては透面度の再現性が不十分な場合があります。さらなる透明度の回復が必要な場合には、オールセラミッククラウンのほうが適しています。

義歯(入れ歯)の治療例

「保険診療」 の場合
(レジン床部分義歯)

保険が適用されますが、メタルクラスプと呼ばれる金属製の鉤が用いられ、外観に触れる場合は見た目の自然感が大きく損なれます。
また、金属材料の使用される範囲に制限があるために違和感が生じやすく、装着感が損なわれる場合や、耐久性に劣る場合があります。

「自由診療」の場合
(ノンメタルクラスプ義歯)

金属鉤がなく、外観に優れます。

欠点は、歯の欠損状況によっては適さない場合があります。
また、定期的なメンテナンスが必要であり、適応症や義歯の設計において、より細心の注意が必要とされます。

当院では事前に治療方法についてのご説明と、確認を行っておりますので、安心して治療をお受けいただけます。
※当サイトに掲載されているデータの無断転載を禁止します。
※当サイトでは掲載情報に厳重なチェックを心がけていますが、万が一記載ミスが生じた場合、あらかじめご容赦下さい。
このページのトップへ